2010年10月18日

2010年度ゼミ選考

2010年度ゼミ選考に関する情報は

http://ameblo.jp/yoshinozemi/

において更新しております。


上に掲載されている【スケジュール】は過去の日時ですので、最新情報はアメブロをご覧ください。



posted by webmaster at 14:57| Comment(17) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

先日はOB総会ご参加ありがとうございました!

こんにちは。吉野ゼミウェブ担当です。
先日はお忙しい中、多数のOB/OGの方にOB総会にご参加いただきありがとうございました!19期を代表して御礼を申し上げます。

初めてOB総会に参加した身として、OB/OGの方が親身になって就職活動についてや働いている現状について語ってくださる姿を見て、ここでもまた「吉野ゼミらしさ」を感じることができ非常に感銘受けました!

やっぱり先生がそうだとゼミ生も似るんですね(笑)

今回先輩に受けた御恩を忘れずこれからもますます就職活動をがんばって生きたいと思います。
そしてまた自分がその就職活動を通して感じたことを20期21期へとつなげていければと思っております。

本当に本当にありがとうございました!

末筆になりますが、来期のOB総会で19期全員が笑顔でそれぞれの進路について語れるようがんばっていきたいと思っておりますので、今後ともご指導ご支援の方よろしくおねがいします!

吉野ゼミWEB担当

posted by webmaster at 15:32| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

春合宿のお知らせです

ゼミの春合宿についてのお知らせです!
すでにゼミで発表がありましたが、こちらにも載せておきます。

<日時> 2月11日〜13日 日曜日〜火曜日

<場所> 八王子の合宿所

<費用> 一泊4000円らしいです。(詳しくはメーリスで)

当日は約10名程度の発表があるそうですので、担当の方は発表の準備をしておきましょう!

日程の調整なども各自よろしくお願いします!
posted by webmaster at 03:48| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

懇親会のお知らせ(詳報)

あけましておめでとうございます♪
2007年になりましたね〜。早いものです。
今年もゼミを盛り上げていきましょう!

さて、新ゼミ生との懇親会が近づいてきましたので、その詳細についてお知らせします。

<日時> 1月11日 木曜日 19時〜22時

<集合> 3号館掲示板前 18時30分

<お店> 素材屋

<会費> 3000円

以上です!全員参加の方向でお願いします♪
posted by webmaster at 22:44| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

祝!ゼミ対抗ソフトボール大会優勝!!

12月20日水曜日に行われたゼミ対抗ソフトボール大会にて、我が吉野ゼミは3戦2勝1分けの成績で、見事、Dリーグ制覇を成し遂げました〜!!

ゼミ対抗フットサル大会では、全敗という散々な結果でしたが、今回、その借りを返すことに成功!参加されたゼミ生の方々、本当にお疲れ様&ナイスプレーでした!

来年の大会でも優勝を目指し、連覇といきましょう!
posted by webmaster at 20:03| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

新ゼミ生との懇親会のお知らせ

ゼミ選考も終了し、今年度も新たに20名の新ゼミ生が吉野ゼミにやってくることとなりました。

新ゼミ生の方々、ゼミ選考お疲れ様でした&おめでとうございます!

従いまして、恒例の現三年生と現二年生との顔合わせ&懇親会が行われる予定です。

<日時> 1月11日 木曜日

この日の18:00頃に1号館311に集合です。
どこで行うかなどは未定ですので、後日発表する予定です。

皆さん参加しましょう♪
posted by webmaster at 22:29| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ゼミ情報の更新

いよいよゼミの募集要項も配られ今年度のゼミ選考が始まりましたね。

それに伴い、以下のコンテンツを更新しました。

ゼミ選考の手引き
16期生(現3年生)からのメッセージ
15期生(現4年生)からのメッセージ

選考やゼミ選びの参考にしてください。
posted by webmaster at 12:06| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

2006年度オープンゼミのお知らせ

今年度も吉野ゼミはオープンゼミを以下の日程で開催します。
吉野ゼミの雰囲気などを直に感じてもらえると思うので、ぜひぜひ参加してみてください。

<日時> 11月9日木曜日 4限(14時40分〜17時30分頃)

<場所> 1号館311教室

☆途中入退場自由です。お気軽にお越しください♪

当日はゼミ生による個人研究の発表と質疑応答を行う予定です。(つまり、吉野ゼミの普段の様子を見ていただく、というコトです)

吉野ゼミの概要説明や質問の受付なども行う予定ですので、どんどんお越しください。
また、このホームページの質問掲示板の方でも、質問などを受け付けております。そちらの方もどうぞご利用ください。
posted by webmaster at 04:06| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスト兼お知らせ

このたびHPの管理を引き継ぎました〜
未熟者ですがよろしくお願いします。
posted by webmaster at 03:54| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

更新情報

いよいよ2006年度も始まりましたね。

新年度に伴い、以下の情報を更新しました。ゼミ生の人もそうでない人も、参考にしてください。

担当科目
研究室・連絡先
吉野ゼミ基礎情報
posted by webmaster at 15:22| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

ゼミオリエンテーションおよびオープンゼミのお知らせ。

そろそろ、来年度のゼミ選考の季節ですね。

さて、吉野ゼミでも学生主催のゼミオリエンテーションおよび、オープンゼミを実施いたします。

◇ゼミオリエンテーション(学生主催)◇
日付:11月12日(土曜日)
時間:13:00〜
場所:3-103教室(※学部掲示板に詳細が出ます)

◇オープンゼミ◇
日付:11月17日(木曜日)
時間:14:40(4限)〜17:30頃
場所:1号館311教室
※途中参加や途中退場でも大丈夫です。
当日は、吉野先生も交えて、ゼミ生による個人研究の発表とその質疑を行います。

いずれも、吉野ゼミの概要等を紹介する予定です。是非、足を運んで発表や資料をご覧下さい。皆様のお越しをお待ちしております。

また、当日参加できなかった方の為に、オリエンテーション後に資料を公開する予定です。
その他、吉野ゼミに関して質問等がございましたら、
吉野ゼミ質問要掲示板までお問い合わせ下さい。
posted by webmaster at 00:00| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

吉野ゼミメーリングリストのお知らせ

ゼミ生のみなさん夏休みいかがお過ごしですか?
メーリングリストのお知らせです。

これは、現役だけでなく、吉野ゼミのOBOG方も登録されています。
現役ゼミ生は既に登録されていると思いますが、分からないことがあればメーリングリスト管理人(yoshino-zemi-ob-2005-owner@ml-d3.infoseek.co.jp)までお願いします。
posted by webmaster at 08:29| Comment(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2000年01月01日

「吉野先生は・・・」アンケート

ゼミ生に、「吉野先生は〜」の書き出しで始まる文章を3つずつ考えてもらい、その回答を集計しました。

第1位 博識!(知性の塊、博識、歩く政治学辞典など)

2位 ジェントルマン!(紳士たる教育者、紳士など)

3位 メガネが素敵!(めがね大きいけど似合ってるなど)

4位 スタイル抜群!(実はジムに通っている、ルックスもイケメンだ、など)

5位 コーヒー好き! 日本酒好き!

☆番外編「吉野先生って・・・。」 〜その他の回答
 慈愛の集合体
 永遠の早大生
 温厚だけど実はツッコミが鋭い
 視線が鋭い
 教授
 マジメ
 お寿司が好き
 ボートが好き
 学生に熱意を持って指導してくださる。
 意外にユーモアがある
 意外におちゃめ
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉野先生の研究室・連絡先

専門分野: 英米政治学、政党論、アメリカ政治

研究室: 3号館218号室

オフィスアワー(2008年度): 木曜日13:00〜14:00

内線: 3421

ダイヤル・イン: 03(5286)1263

E-Mail:  yoshino.jpg
ラベル:吉野先生
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担当科目(学部)

2006年度

政治学基礎(【前期】月曜5限/1年以上配当:基礎科目)
→シラバスはこちら

現代日本政治論(【後期】水曜5限/1年以上配当)
→シラバスはこちら

政治学原論(【前期】木曜3限/2年以上配当)
→シラバスはこちら
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主な就職先

☆マスコミ・広告
・NHK ・読売新聞 ・日本経済新聞 ・中日新聞 ・時事通信 ・朝日新聞 ・神奈川新聞 ・新潟日報 ・テレビ東京 ・電通 ・博報堂 ・共同通信


☆出版関
・世界文化社 ・日経BP ・小学館 ・学習研究社 ・集英社 ・ベネッセ ・体育とスポーツ出版社 ・ぴあ

☆公務員(国家/地方)
・財務省 ・外務省 ・総務省 ・農林水産省 ・東京国税局 ・裁判所事務官 ・東京都 ・愛知県 ・川崎市 ・板橋区 ・大和市 ・武蔵野市


☆メーカー
・新日本製鐵 ・川崎製鉄(現JFE) ・ショーワ ・トヨタ自動車 ・三菱重工 ・大塚製薬 ・三陽商会 ・明治製菓 ・アサヒビール ・日本電気 ・日立電子サービス ・味の素 ・ミツカン・グループ本社 ・萬有製薬 ・グラクソ・スミスクライン(GSK) ・日本ロレアル ・キャノン ・日本電波工業 ・旭硝子


☆商社
・三菱商事 ・伊藤忠商事


☆通信・情報
・NTT西日本 ・NTTデータ ・三井情報開発 ・船井総合研究所


☆金融(銀行・保険)
・日本銀行 ・東京三菱UFJ銀行 ・みずほ銀行 ・みずほ信託銀行 ・三井住友銀行・りそな銀行 ・常陽銀行 ・福井銀行 ・大垣共立銀行 ・国際協力銀行 ・農林中央金庫 ・東京海上日動 ・太陽生命 ・三井住友海上 ・ベリングポイント ・SAPジャパン


☆交通・旅行・流通
・ジェイティービー ・川崎汽船 ・東京急行 ・JR東日本 ・全日空 ・パシフィックツアーシステムズ ・住友倉庫


☆建設・不動産
・三井不動産住宅サービス ・野村不動産 ・有楽土地 ・鹿島建設 ・フージャースコーポレーション ・大和不動産鑑定


☆サービス・小売
・京王百貨店 ・セブンイレブン ・オリックス ・日立公共システムサービス ・エン・ジャパン ・中国電力 ・東京ガス


☆監査法人
・あずさ監査法人 ・新日本監査法人


☆大学院・教育
・慶應義塾大学 ・白鴎大学専任講師 ・釧路公立大学専任講師 ・早稲田大学大学院 ・神戸大学大学院 ・慶応大学大学院


☆その他
・全国市議会議長会 ・代議士秘書 ・日本陸連 ・フリーライター
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究テーマ(一覧)

第1期
・イギリスにおける政権交代を支える制度について
・政党と官僚機構
・ミニ政党について
・保守回帰の原因と特徴
・日本共産党の理論と実際
・自民党の政策形成過程における族議員の役割
・民主主義における圧力団体と政党
・自民党政権における派閥の役割
・支持率の政党に及ぼす影響
・メディア選挙について
・日本の国会における野党の役割
・議員定数不均衡是正について
・健全なる政党政治に向けて:政権交代型選挙区制へ
・自民党政策過程:日米通商摩擦をめぐる利益調整過程


第2期
・社会党の衰退
・日本における利益誘導型選挙の研究
・税制改革に見る日本政治
・日米摩擦への対応から見る与野党政策形成過程
・統一による独政党制の変遷:CDU・SPDを中心に
・政党のPR活動:政策争点と政策の意思表示
・イギリスの政党制:政権交代を支えるもの
・自民党議員の集票組織:後援会の研究
・日本の政治過程とマス・メディア
・自民党政権における派閥の役割とその変化
・自民党派閥と擬似政権交代
・日露戦争における利益誘導政策の史的展開
・自民党における官僚出身議員の研究


第3期
・日本の議会の制度と実態
・2大政党制国家と多党制国家の比較研究
・2世議員の研究
・55年体制下における自民党政策研究
・55年体制下の政策決定過程
・日本新党の歴史的役割
・衆議院議員のリクルートメント
・地方政治と政党
・政党による議員コントロール
・自由民主党に見る党首の交代の意味と指導力


第4期
・投票行動の地域差:愛知県と神奈川県
・日本官僚制の特徴
・日本型デモクラシーにおける国民の政治への関与
・55年体制下における表出・集約構造の変化と問題点
・連合理論の再検討:ドイツ・イタリア・日本
・党高官低概念の再検討:自民党の政策形成能力
・日本の連立政権:55年体制前の考察
・連立政権と政権交代:細川・村山両政権の比較研究
・マス・メディアの内部過程と内容分析
・社会党・総評ブロック
・政党の候補者補充:イギリス
・政党制と社会構造の相関性:日本の政党制


第5期
・戦後日本における個人後援会の役割
・アメリカ大統領のメディア政治と選挙
・日本型政治腐敗の特質とその是正策
・戦後日本の野党勢力
・自発型運動としての神奈川ネットワーク運動
・戦後日本の政界・財界関係:経団連
・宗教団体の政治活動
・21世紀における政党組織のあり方
・戦後日本の区割変更と定数是正問題
・圧力団体としての日本医師会
・農民と政治
・現代議会政治の再検討
・日本における政党本位の選挙の採用とその課題
・日本の政党国庫補助とデモクラシー
・非政党選挙区組織・個人後援会


第6期
・現代日本における競争勢力:日本社会党と英国労働党
・政党-官僚関係の変遷
・日本人の価値観変容と投票行動
・政府与党の組み合わせと政策形成:保谷市と伊東市
・日本における党内グループの性質変化
・日本政治再生の要件:政治倫理
・税制改革の政治過程
・連立政権と政策形成:55年体制の崩壊で何が変わったか
・民主主義再生の選挙制度


第7期
・国会審議の再生への道
・議会における決定ルールの見直し
・自由民主党の安全保障政策の変遷
・有権者の価値意識と政党支持
・中央省庁の遍歴
・政策形成過程における大統領のリーダーシップ


第8期
・アジア諸国に対する日本の国際貢献:ODAの実態
・日本人の投票行動
・住民投票:直接デモクラシーと間接デモクラシーの共存可能性
・投票率の低下とその影響
・政党のメディア戦略
・参議院改革
・無党派層と政党離れ
・ロシアにおける政治リーダーと支配階層
・日本における郵便事業の功罪
・議員立法
・社会主義政党の路線転換とその後の歩み:日独比較
・政権交代の条件:日英比較
・雇用の分野における男女平等


第9期
・日本の議会政治における「野党」の役割
・住民参政の現状と問題点
・情報公開時代におけるマスメディアの役割
・東京都知事の権限と実行力:石原慎太郎の場合
・金融危機の政治学
・戦後日本の危機管理
・現代東アジアにおける民主政治の行方
・地方自治における住民の権利
・戦後日本における政党制再編の力学
・平和の創り方:PKOと日本


第10期
・「環境の世紀」における企業戦略
・議員立法:国会改革の1つの視座として
・国際協力のあり方:北欧地域をモデルケースとして
・環境アセスメント
・政策決定過程における女性進出
・社会党の衰退過程
・教育改革:地方からの改革・教育委員会
・政治におけるメディアの役割
・日本の科学技術行政の問題
・首相選出における国民不在とその是正策
・日本における高齢者介護政策の現状と課題
・戦後の農業政策における農協の役割
・税制度:地方から国政への波及
・新党さきがけ:1900日間の闘い
・自治体の適正規模
・政党間競争におけるメディア・マーケティング戦
・地方自治体の活性化に向けての取り組み


第11期
・日本の政治家-メディア関係
・総理大臣への道
・55年体制崩壊期における有権者の投票行動
・教育改革:教育行政からの視点
・日本の安全保障政策:現状と課題
・テレビ報道と政治的事件
・住民投票の行方
・無党派候補者のメディア戦略
・サード・セクター
・政治参加と民主主義
・特殊法人の現状と問題点
・日本の連立政権:小渕内閣を事例として
・無党派層の投票行動
・機会の平等と新しい社会格差
・外国人の政治参加
・自由民主党の政権構造
・戦後日本の無党派層の増大傾向とその要因


第12期
・政治とメディア
・遠くて近い国・韓国
・1990年代のイギリス政治と「第3の道」国会改革
・国会改革
・戦後日本の政治経済体制
・民主党の現状とその展望
・民主党の候補者リクルートメント
・アメリカにおけるリベラリズム思想とその政策
・日本の外国人政策
・練馬区議会議員研究
・日本の司法制度の特質とその課題
・若年層の政治意識と投票行動
・公平なルールに基づく仕事責任と家庭責任の分担
・社会民主主義の最先端
・政策決定者の歴史的教訓
・記者クラブの研究
・20世紀の公共事業から21世紀の公共事業へ


第13期
・自由民主党の構造分析
・山梨県の政治:特質と将来
・地方議会のあり方と議員の政策立案
・少子高齢化時代の到来と政治的インパクト
・日本財政の赤字と黒字転換への道
・市町村合併の是非を問う
・政党=有権者の契約関係:マニフェスト
・日本における二大政党制:野党を中心に
・日本の対中国政策
・日本における新しい選挙運動の可能性
・90年代の無党派層
・構造改革特区の現状と将来
・メディアリテラシーの必要性とその実践
・21世紀の都道府県知事のあり方
・NPOの可能性
・細川護熙:人間とリーダー資質
・小選挙区比例代表並立制の分析


第14期
・小泉内閣総理大臣と新しい総理大臣像
・地方の活性化とその将来
・日本の社会保障:所得格差と再配分
・地方議会の原状と改革:市原市議会を中心に
・政治資金からみる政治家活動
・内閣制度の研究
・日本の教育政策:内容と立法手続き
・少子高齢化時代の到来とその対策
・内閣総理大臣のリーダーシップ
・公明党と自公連立
・地方財政の現状と展望
・橋本内閣における行政改革
・日本における2党制の可能性
・日本政治と財政政策:ケインズ政策を中心に
・新時代の社会資本整備:公共事業の未来図
・自治体合併の規模別効果


第15期
・東京都議会の研究
・国会審議のあり方
・民主党の候補者リクルートメント
・新聞の政治的役割とその変化
・グリーンポリティックス
・族議員の研究
・戦後日本の政治過程における経済団体の役割
・ODA
・安全保障
・大蔵省の金融行政
・日本の危機管理
・郵政事業民営化の可能性


第16期
・日本の危機管理行政:自治体と自衛隊
・自治体環境行政:環境ガバナンスの構築
・中央主導の地方自治:中央―地方関係
・日本の教育政策
・スポーツ政策のこれから
・日本における政策決定
・環境問題と経済学:政府・企業・個人
・格差社会を考える
・日本の政策形成における政官関係
・地方政策の変遷:産業対策から過疎対策へ
・日本における農業の可能性
・新しい女性の生き方
・首都圏の都市政策
・21世紀日本の東アジア安全保障政策
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究テーマ(ジャンル別)

☆政党
・ミニ政党について
・自民党政権における派閥の役割
・戦後日本の野党勢力
・自由民主党に見る党首の交代の意味と指導力
・日本新党の歴史的役割 など

☆官僚・行政
・特殊法人の現状と問題点
・日本官僚制の特徴
・日本の科学技術行政の問題
・日本における高齢者介護政策の現状と課題
・20世紀の公共事業から21世紀の公共事業へ など

☆地方政治
・東京都知事の権限と実行力
・地方自治体の活性化に向けての取り組み
・教育改革:地方からの改革・教育委員会
・練馬区議会議員研究
・住民投票:直接デモクラシーと間接デモクラシーの共存可能性 など

☆選挙
・投票率の低下とその影響
・日本人の投票行動
・投票行動の地域差:愛知県と神奈川県
・日本における利益誘導型選挙の研究
・無党派候補者のメディア戦略 など

☆メディア
・テレビ報道と政治的事件
・記者クラブの研究
・情報公開時代におけるマスメディアの役割
・日本の政治過程とマスメディア
・マス・メディアの内部過程と内容分析 など

☆諸団体・アクター
・圧力団体としての日本医師会
・宗教団体の政治活動
・戦後の農業政策における農協の役割
・自発型運動としての神奈川ネットワーク運動
・戦後日本の財界・政界関係:経団連 など

☆首相・リーダー
・総理大臣への道
・政策決定者の歴史的教訓
・ロシアにおける政治リーダーと支配階層
・政策形成過程における大統領のリーダーシップ
・首相選出における国民不在とその是正策 など

☆議員・リクルートメント
・民主党の候補者リクルートメント
・議員立法:国会改革の1つの視座として
・政党の候補者補充:イギリス
・2世議員の研究
・日本政治再生の要件:政治倫理 など
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14期生(現社会人1年目)からのメッセージ

●片桐さん
 吉野ゼミのメンバーは実に個性的で面白い連中です。勉強や議論には、先生の真摯なご指導のもと、各自テーマや目的意識を持って真剣に取り組むと同時に、遊ぶときは楽しく仲良く、めりはりある活動を送っています。
 本ゼミでは、政治学の視点から様々な問題について分析することができるので、ゼミ生の研究テーマも社会保障、教育問題、地方自治、財政など多岐に渡っています。そのため、発表や議論を通じて毎回新しい発見や知識が得られ、知的欲求がさらに刺激されます。充実した知的作業と、有意義な人間関係を両立できるゼミって意外と少ないのではないでしょうか。ゼミ選考から間もなく1年、吉野ゼミを選んで本当に良かったなあと思える今日この頃です。
  興味のある方はぜひオープンゼミへお越しください。ゼミ生一同歓迎いたします。


●岩代さん
 吉野ゼミは、一見硬そうに思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません!勉強も遊びも共に充実してます。確かに、決して楽なゼミではありませんが、その分とても充実した残り2年間が過ごせるはずです。今まで何となく大学2年間を過ごしてきてしまった人、ゼミでバリバリ勉強したい人も、是非吉野ゼミへ!


●川田さん
では私の方から吉野ゼミの具体的な活動の流れ、及び先日行われた夏合宿について述べさせていただきます。

 まず11月27日に選考結果が発表された後合同の忘年会が開かれてそこで既存のメンバーと飲み会が開かれます。本格的にゼミが始まるのは翌年の4月からで、当初は木曜4限の4年生のゼミに参加しつつ、その後5限の3年生のサブゼミに突入します。3年生は4年のゼミに参加して発表の手順に慣れていきながら、夏合宿で行われるグループ発表(5組)に向けてサブゼミで準備していきます。

 そして夏合宿以降今度は個人発表に移っていき(計5回)、その5回をまとめ直したものが卒論となります。  今回のゼミ夏合宿は箱根のホテルを借りて行われました。初日と2日目にグループ発表を終え、3日目は箱根を散策しました。ちなみにグループ発表のテーマは「日本の選挙の現状とその問題点」「参議院を問う」「個人と国家」「財政から見た日本のあり方」「日本の年金」でした。

 やはりうちのゼミの売りは「実績」と「人材」だと思います。そしてその二つを支えていくのは今後このゼミに参加する方々です。気兼ねなくゼミオリに参加したり質問等をこのホームページにメールしてみてください。
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15期生(現4年生)からのメッセージ

●浅井さん
 僕の場合は、当時マスコミ関係の仕事に就きたいと考えていたので、そのために幅広い分野を勉強することが出来るゼミを選ぼうと思ったのと、1,2年ともに吉野先生の授業を受講していてとても面白かったので吉野ゼミを選びました。ゼミで重要なのは、

@周りのゼミ生のテーマやモチベーション
A先生のスタンス


だと思います。

 吉野ゼミの場合は扱うテーマが広く、いろいろなことを勉強できるのと同時にゼミ生のその後の進路も多岐に渡るのが魅力です。僕の代の場合は記者から自衛官、さらにはパイロットと言った具合です。
 先生のスタンスもとても重要です。一部にはゼミでやる気の無い先生もいるそうです。吉野先生の場合は政治学や政治学原論でおなじみなのでお分かりのとおりかなと思います。結構飲み会にも来てくださいます。
 興味を持ったら、一度オープンゼミ等に来てみて下さいね。


●夏目さん
 なぜ吉野ゼミなのか
 ゼミを選考する際に、2年生の皆さんは何を基準にされるのでしょうか。卒論の研究テーマ・雰囲気・就職実績・倍率等々様々な基準をお持ちではないかと思います。ここで、皆さんがお持ちの基準に是非加えて欲しい点が1つあります。それは「ゼミに入ってからが楽しいのか」という基準です。
 吉野ゼミは入ってから、3年生になってからが本当に楽しいゼミです。ゼミ生の仲はとてもよく、ゼミの時間は皆真剣に議論を交わす一方、ゼミの後は食事をしたりお酒を呑んだり…他学部と違い語学が2年生で終ってしまう政治経済学部では、一生に渡って付き合っていけるような友達を見つけることは難しいと思います。しかし、吉野ゼミではその様な一生モノの友達をたくさんつくることができるでしょう。それほどゼミでの生活は充実しているからです。
posted by webmaster at 00:00| インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。